症例集

1.叢生(そうせい)


治療前

上下の前歯の並びが悪く、歯磨きしずらいために 歯ぐきが腫れています。

治療後

上下それぞれ2本ずつ歯を抜いて治療しました。これなら歯磨きも楽に出来ます。


2.上顎前突(じょうがくぜんとつ)


治療前

前歯の突出はもちろんのこと、奥歯のかみ合わせもずれています。

治療後

上の歯二本を抜いて治療しました。 歯並びだけではなく、横顔の感じもよくなりました。


3.反射咬合(はんしゃこうごう)


治療前

いわゆる受け口の状態です。見た目だけでなく発音も悪くなります。

治療後

歯を抜かずに治療しました。前歯で噛みやすくなりました。


4.過蓋咬合(かがいこうごう)


治療前

下の歯が隠れて見えません。噛み合わせが深いと顎の動きが制限されます。

治療後

上の歯2本を抜いて治療しました。 噛み合わせが浅くなり顎が動きやすくなりました。


5.開咬(かいこう)


治療前

奥歯しか当たらず、前歯で噛めていません。これではうまくかむことが出来ず、胃腸に負担をかけてしまいます。口の中が乾きやすいため、虫歯になりやすくなります。

治療後

歯並びを拡大して歯を抜かずに治療しました。前歯で何でも噛むことが出来るようになりました。

 

 


6.上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)


治療前

前歯が上も下も前に出ています。口元がとがって見えてしまいます。

 

治療後

上下それぞれ2本歯を抜いて、前歯を奥に動かしました。前歯を正しいかみ合わせにすることができました。口元もすっきりしました。