患者様の声

矯正治療を終えて

 私が矯正を始めたのは、小学6年生の時です。学校の歯科検診で指摘され、歯科矯正をすることに決めました。何軒か歯医者さんをまわり、いろいろと説明を受け、堀井先生に診てもらうことにしました。その理由は、自宅から近く、通いやすいということ、病院の雰囲気がよかったこと、そして何より、矯正に関して親切に説明してくれたので、この先生なら信頼して任せられる、と思ったからです。

 

 しかし実際に治療が始まると、最初に考えていたよりもはるかに大変でした。最初の頃は、学校から帰ってきてから、寝る時もずっとヘッドギアをつけていなければならない、ということや、食事のたびに食べ物が装置に詰まるなど、色々なストレスがあって、途中で何度もイヤになり、やめたいとも思いました。また、絶対に虫歯にはなりたくないと思い、歯みがきには特に気をつけました。装置のまわりが茶色くなるのも気になり、時々歯のクリーニングもしてもらいました。

 

 日常生活では大変なことが多かったけれど、月に一度検診に行くたび、「順調ですよ。この調子で頑張って下さい。」と言ってくれたので、とても励まされました。また、歯の手入れがいいとほめられた時にはとても嬉しかったです。

 

 6年間という長い期間でしたが、振り返ってみれば、色々なストレスを乗り越えて得た忍耐力と、自分でも満足できるほどきれいになった歯並びなど、得たものはたくさんあったと思います。友達にも「歯並びがきれいだね」とよく言われるようになりました。今年の四月に治療が終わった時は、矯正をやって本当によかったと思いました。

 

<18歳女子高生 K・Aさん>

矯正治療を終えて

 何年か前、あるテレビ番組で作家の林真理子さんが、30代で矯正治療を受けて美しい笑顔を手に入れたと告白していました。以前から美しい歯並びに憧れを抱いていた私は、その年齢でも治療ができることを知り心が動きました。何かと人前に出る機会が増えてきたこと、心臓に持病があるけれど矯正治療に通える体力がついたこと、そして老後の健康を真剣に考え始めたこともあり、考えた末、治療を受ける決心をしました。このままお婆さんになったときの顔を想像すると、ちょっとゾッとするような気もするし、これだけ入り乱れた歯並びでは入れ歯を作ることになっても大変だろうな…と。38歳8ヶ月、何かに背中を押されるようにして「クオレ矯正歯科クリニック」の門をたたいたのでした。

 

 初めての診察、大きく口をあけると、「あ~、これはやりがいがあるなぁ…」と堀井先生。このとき私は、この先生は若いけれど“腕に覚えあり”の頼れる歯医者さんだ!と直感。「豪」というお名前からは想像できなかった柔和なスマイルのなかに、治療に対する情熱と自信がみなぎっているのがわかりました。様々な検査の結果、私の場合は治療に多くの困難を伴うことがわかったのですが、全てを信頼して先生にお任せしました。多少の苦痛があることも覚悟しつつ。

 

 治療が始まり、スプリントという“総入れ歯型マウスピース”のような装置を使ったときは(食事もこれをつけたまま摂ることになるのですが)、よく、入れ歯を使っている人が「モノの味がしない」というのが理解できました。直に慣れたけれど。やがて、矯正といえばこれ、という感じのブラケットが歯に装着され、併せてヘッドギアも使用開始。どこかの新興宗教信者さながらの体裁に、夫もさすがに渋い顔。上顎にワイヤーがついたときは、薬が飲みにくかったなぁ…繊維質のもの(もやしとかイカの刺身とか)も食べにくいし。また、治療の節目に口の中の写真を撮るのですが、初めてプラスチックの道具を使って左右の口角をニーッと引っ張られたときは、「これは拷問かぁ!?」と心の中で叫んでしまいました。 

 

 正直なところ、つらいことや煩わしいことは他にもまだありました。でもそれは長い人生のなかのほんの一時のこと。治療にはお金も時間もかかるけれど、美しい歯並びはどんな高価な宝石よりも尊い一生の財産なのです。毎日鏡を見て、「わたし、きれい!(歯並びが)」と思えるようになって本当に嬉しいのです。あえてネガティブな言い方をするなら、治療を受けようかどうしようかと悩んだ時間が惜しまれるということでしょうか。 

 

 治療を始めて3年あまり。堀井先生を中心とした、優れた技術スタッフに恵まれてその全てを終えこの上なく幸せな自分が、今ここにいます!

 

<40代のミュージシャン Nさん>

矯正治療を終えて

 以前、私は受け口でした。小さい頃は全く気にしていなかったけど、中学生になってから気にするようになり、親に矯正したいと頼みました。

 

 最初は不安だらけだったけど、先生が親切に説明してくださり安心しました。治療を始めてからやはり最初は歯が痛くて食べるのが大変だったり、器具がいずくて喋りずらかったけれどすぐに慣れてしまうので何も問題はありませんでした。矯正しているうちは自分でも治っていく変化が実感出来るので苦じゃなかったし、むしろ楽しみながら治療を受けていました。

 

 矯正が終わってからの感想は「凄い!」の一言です。以前、受け口だったとは考えられないぐらいです。歯を一本も抜かずに先生は治療してくれましたし本当に綺麗になりました。また、友達や周りに人からも「歯、綺麗だね」とほめられるようにもなり、とてもうれしく思います。私自身も自信を持って笑えるようになりました。矯正は色々大変だったけれどこんなに綺麗な歯を手に入れる事が出来たので本当にしてよかったと心の底から思います。

 

 最後に先生方、今までありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。

 

<A.Mさん>